小規模個人再生と給与所得者等再生の共通点

債務整理の方法として個人再生を選択した場合、小規模個人再生と給与所得者等再生とがありますが、これらの共通点は何なのでしょうか。
そもそも小規模個人再生と給与所得者等再生というのは、個人債務者再生手続のバリエーションなので、どちらであっても個人債務者再生手続を申し立てる大前提とされる要件は2つです。
まず第一に将来において変わらぬ収入を見込めること。そして第二に債務の総額。つまり住宅ローンを除く借金が全部で5000万円を超えていないこととされています。
そのためこれら2つの要件をクリアするという点で小規模個人再生と給与所得者等再生は共通しているのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク