再生計画案の決議の違い

債務整理を小規模個人再生あるいは給与所得者等再生でする場合の違いには要件の違い、返済額の違いと更に再生計画案の決議にも違いがあります。
例えば債務整理で小規模個人再生を選択した場合の再生計画案の決議は書面によって行われ債権者の積極的な同意を必要とします。なので債権者の半数から反対されると債務整理ができなくなります。
それに対し、給与所得者等再生では債権者の決議が必要ないため例え債権者からの同意を得られなくても債務整理ができるのです。
このように再生計画案の決議に関しても違いがあります。これでいくと小規模個人再生より給与所得者等再生の方が債務整理を行える可能性が高いということになりますね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク