ハードシップ免責

個人再生での債務整理をする場合にハードシップ免責というものが時に適用される事がありますが、これは定めた再生計画通りに返済していくことが極めて困難とされる場合に一定の要件を満たす事で免責が認められるというものです。
例えば返済の途中に何かしらの事情で家計の状況が急変した為、返済を続けていくのが困難になった場合に、残りの借金を免責。つまり免除してもらうことができるのです。この救済制度がハードシップ免責です。
ただし再生計画を変更する事で返済期間を延長し、返済を続けていける場合であればハードシップ免責は適用されません。
そのためハードシップ免責はただ返済が困難になっただけでは手続をして利用することが出来ず、よほどの理由がなければ許されない個人再生での債務整理の最終手段なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク