ハードシップ免責で満たす要件

個人再生で債務整理を行う場合にハードシップ免責というものが時に適用になることがあります。ですがハードシップ免責は決められた要件を全て満たさなければハードシップ免責の申立てを行う事が出来ません。
そこでハードシップ免責の申立てを行うに当たり満たさなければならない要件を以下に挙げておきます。
・再生計画で定めた返済すべき借金から既に4分の3以上返済し終えている事。
・ハードシップ免責の決定により債権者の一般の利益に反しない事。
・再生計画を変更したとしても、返済し続けていくことが極めて困難である事。
これらがハードシップ免責の申立てを行うために満たさなければならない要件となり、この制度を利用する時は、個人版民事再生の申立てをした裁判所に免責申立書を提出することになります。
そのため個人再生で債務整理を行う場合には、このような制度もあるということも覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク