ハードシップ免責で免除になる借金

個人再生で債務整理をしても何かしらの事情によ返済が困難になってくることもあるかと思います。そんな時にある要件を満たす事でハードシップ免責の申立てを行うことができ、免責が許可されることで残りの借金が免除されます。
この時は、個人版民事再生を申し立てた裁判所に行き、ハードシップ免責の制度を利用するため免責申立書をその裁判所に提出します。
しかし提出する申立書には、何故返済し続けていく事が困難なのか。などの必要事項を記載しそれらを証明する必要書類を添付しなければなりません。その後に裁判所は債権者の意見を聞いて、免責をするかしないかを決定するのです。
またこの方法で債務整理をする時はハードシップ免責が認められても、個人版民事再生を申し立てた時に住宅資金特別条項を定めた住宅ローンについては免責されませんので、住宅ローンはそのまま払い続ける事になり、その他の残りの借金が免除されることになります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク