個人再生の一連の流れ

債務整理で個人再生を選択した時、全ての手続が完了するまでの一連の流れはまず申立人が住んでいる住所を管轄する各地方裁判所に個人再生の申立を行う事から始まります。
次に要件を満たした申立で、申立書など必要書類に不備がなければ開始決定がされます。そして債権者一覧表を提出すると調査、債権額の確定がされ、再生計画案を作成し提出します。
そして小規模個人再生手続の場合、債務者が作成した再生計画案に同意するしないを書面により債権者の決議を行います。ですが給与所得者等再生手続であれば書面決議は不要なので債権者の意見を聴く手続がされます。
これらの手続きが終わると裁判所が再生計画の認可決定を行い、この認可決定が確認すると個人再生の手続きが終了するというわけです。これら一連の流れで個人再生による債務整理が可能となるわけです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク