個人再生のデメリット

個人再生による債務整理を行った場合、メリットもあればデメリットも残念ながらあります。良いことばかりではないようですね。
まず個人再生は借金全てが対象となって整理されますので、保証人がいる借金については任意整理のように整理する借金を選べない為、保証人に迷惑がかかる場合があります。
また個人再生で債務整理をするとその後決められた期間内でローンを組んだりクレジットを利用することが不可能となる事や、機関紙の官報に掲載されたり、借金が無くなるのではないという事、そして住宅ローンの返済も必要とされます。
これらが個人再生のデメリットとなりますが、官報は一般人が目にすることは滅多にないですが誰でも閲覧可能であり、自己破産と違い借金が0になるのではなく額を減らして返済し続けていかなければならないのが個人再生での債務整理です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク