債務不存在確認訴訟とは

債務整理をしたときに例えば確実に借金を全額返済し終わっているという場合や、利息制限法に基づいて再計算した時に借金の残高が全く無い0円になっているという場合もあると思います。
せっかく債務整理したのに返済を迫られるのは誰でも嫌なものです。それなのに債権者側から借金返済を迫られたり、返済の請求が来てしまう事もあるんですね。ではこのような時にはどう対処したらいいのでしょうか。
そこで確実に返済が終わっていたり、法律に基づいて再計算した時に借金の残高が0円になっていた場合には、債権者に対して既に借金が存在しないということを認めさせる必要があります。
この手続きを債務不存在確認と言い、債権者に「私にはもう借金はありませんよ」ということを認めさせる手続きのことを債務不存在確認訴訟と言います。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク