債務不存在確認の方法

債務整理をして既に借金がない場合や、借りたお金を全て返済し終えているにも関わらず債権者から返済請求を迫られる場合には債務不存在確認をすることで債権者に借金が無い事を認めさることができます。
その方法は内容証明郵便により行い、それでも債権者からの返済請求が止まらない場合には債務不存在確認訴訟を検討することになります。
そして内容証明郵便で送る内容は「借りたお金は既に全て返済を終えていますので今後一切の返済請求はしないでください」というような内容を債権者に送ることになります。
それで請求が止まらないのであれば裁判所に行って債務不存在確認訴訟を申し立てる事で債権者にこれ以上の借金が無い事を公に認めさせることができるのです。それにより債権者は返済請求ができなくなります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク