債務整理 特定調停とは

債務整理の方法には特定調停というものがあります。これは原則債権者の住所や営業所などを管轄する簡易裁判所に申し立てを行います。
また債権者が複数の営業所を所有する場合には、本店ではなく債務者が取引をした営業所を管轄する簡易裁判所に申し立てを行います。
そして特定調停で債務整理をする場合、申し立てをした裁判所が債権者と債務者の間に入り弁済計画を作成するため任意整理のように弁護士や司法書士などの専門家に依頼する必要はありません。
更に自己破産や個人再生での債務整理とは違って、法律の知識を全く持たない人であっても比較的簡単に申し立てができるだけでなく費用も割安となっていますので、専門家に依頼する費用を用意出来ない人などにはありがたい制度なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク