特定調停のデメリット

特定調停での債務整理の基本は話し合いによる合意です。特定調停で債務整理をする場合メリットは先ほどお話しましたが、逆にデメリットもあります。
それは特定調停の基本とされるものが話し合いによる合意のため、必ずしも債権者が債務者の主張に応じてくれるというわけではありません。
それに消費者筋業者が相手の場合、利息制限法の金利の再計算によって減額が決定され、これらが中心となるため例えば消費者金融業者との取引が短期間で1年~2年程度であれば思ったほど大幅な減額を見込めないとされています。
また融資を受けた相手が銀行などの場合、法定利率内で契約した銀行系ローンなどであれば借金の減額自体が難しくなります。このように特定調停で債務整理をする場合にはこれらのデメリットがあります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク