特定調停の流れ

債務整理を特定調停で行う時の一連の流れとしては、まず所轄の簡易裁判所に申し立てを行う事から始まります。すると業者に通知がいくことで取り立てもされなくなります。
そして調停委員を交えての業者との協議が行われますが、この時調停委員は弁護士または有識者の中から選任されます。
しかし業者が協議に出席しなかった場合も多いようですが、このような時には業者に電話をするなどして調停委員と話し合うことになりますが、2回程度の出席が一般的に必要とされています。
それらが終わり業者との和解が成立すると裁判所では調停調書を作成し、その後は調停書に従って返済していく事になるのです。これらが債務整理を特定調停で行った場合の流れとなります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク