取立ての現状

債務整理をしたくても悪質な取立てによって踏み切れない人もるようですが、金融業者の厳しい取立てというのはマスコミなどでも報道されていますのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
ですが本来取り立てについては貸金業規制法という法律や金融庁の事務ガイドラインでお金を借りた人にとって迷惑とされる取立て行為は禁止されているのです。
しかし深夜に呼び出され返済を強要されたり、自宅へ押しかけては家族に対し暴力的な言動をされたなどの悪質な取立て行為が後を絶たないのが現状です。
そのため債務整理をしたいと思っていても、もし債務整理手続きをしたら取り立て行為はもっとエスカレートするのではないか。と不安になる人もいるかと思いますが、違法で悪質な取立てに対してはきちんと公的機関へ相談すると同時に自衛策についても知っておく必要があると思います。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク