悪質な取り立て行為とは

違法な取立てによって後が怖いからと債務整理ができないでいる人も多いかと思います。なのでまず悪質な取立て行為をされた時には監督官庁や警察など公的機関へ相談してみましょう。
では実際にどのような取立て行為がされているのかというと、例えば職場にまで取り立てに来た場合や暴力をふるわれた場合、また脅迫された場合などがありますが、これらは全て違法な取立て行為です。
これは貸金業規制法21条の取立て行為の規制に反する事となります。また自分以外で関係の無い第三者にまで返済をしつこく迫ったり、仕事に悪影響を与えるとされる行為であれば業務妨害が成立する事もあります。
そのため消費者金融業者などの取立て行為が悪質な場合にはすぐに警察に相談して、あまりに度を超えて悪質とされる場合には刑事訴訟も検討してみましょう。その他暴力的な行為や脅迫的な態度についても貸金業規制法に違反する取立て行為です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク