家族に対する取立て

悪質な取立て行為をされるため債務整理ができずにいたのでは何時まで経っても借金は減る事はありません。できるだけ早いうちに債務整理を検討しましょう。
とはいうものの悪質な取立てをされている人の中には、借金をした本人以外の家族にまで本人の借金を返済するよう求められていることもあります。
しかし本来であれば借金をした本人以外が返済する義務は無いのです。ですが家族が保証人になっていたり、夫または妻が借金をして日常生活を送る為に必要とされた場合には家族であっても返済義務は生じます。
このように家族が保証人になったわけでもなく、日常家事債務でもない借金については本人以外の家族に対し返済を迫る行為は違法とされますので、監督官庁に訴えその業者の業務停止あるいは登録取り消しを求める行政処分の申し立てを検討してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク