内容証明郵便を業者に送る

ヤミ金からの借金に対する債務整理は専門家に頼むのが良いのですが、その前に自分でどうにかしたいと思ったら、業者に対し内容証明郵便を送付する事も有効です。
その時の内容は「契約が法律に反する無効な契約であって今後返済する意思は無い」「今後どのような請求も絶対にしないでほしい」「この申し入れに反する行為をした場合、警察に出資法違反の事実を通告する」などになります。
このような内容で内容証明郵便を出す事を勧めると同時に過払いがある場合にはそれについての返還も求めましょう。それでも取立てが止まない場合には警察に事情を説明し相談するのが良いでしょう。
また警察は直接借金問題については関与しませんが、業者からの執拗な取立て行為によるものから自分や家族の平穏な生活を守ってもらうために相談に行くのです。なのでまずは内容証明郵便を業者に発送し、それでもダメなら早めに債務整理をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク