時効完成

時効については債務整理の方法としてはあまり好ましくないと思うのですが、一応こういう制度もあるんだよ。ということで取り上げてみたいと思います。なので、できれば早めに専門家などに債務整理の方法を相談するのが良いですね。
まず借金の場合消滅時効が完成する期間はお金を貸す人が個人である場合には10年。そして貸主が法人である場合には5年の期間で時効完成となります。
ということは、消費者金融などから借りた場合、約束の返済期限後に5年以上1円たりとも返済しなかったら消滅時効完成となります。またお金を貸した消費者金融などが、借りた人に対して返済してください。という権利を失うことになるのです。
つまり逆から見ると、借りた人にしてみれば消滅時効が完成する事により法的に借金を返済しなくて良いと認められたことになりますので、借金がチャラになるということです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク