時効のカウント

借金の場合の時効は消滅時効となり完成する事で借金をチャラにすることができますが、そうなる前に早めに債務整理の方法を検討すのが良いと思います。きちんと債務整理手続きをして借金地獄から抜け出しましょう。
ですが人によっては消費者金融などから借り入れをして5年以上返済していない人もいるのではないでしょうか。これで確かに時効は完成しますが、この5年間というのはいつから数えていくものなのでしょうか。
まずカウントされる最初の日を起算日と言い、起算日は返済期日が決められたものは返済日から。決められていないものはお金を借りた日となり、貸主が返済してくださいと請求する事ができる日からカウントしていきます。
なのでいずれの起算日についてもその日を過ぎればいつでも貸主は返済請求できるのに対し、返済請求せずにこの権利を行使しないがために消滅時効は進行していくのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク