時効完成の条件その1

消費者金融などに借金をしているにも関わらず債務整理手続きもせずに時効完成とされる5年間1円たりとも返済していない人については、これだけで時効成立になるのでしょうか。それは間違いです。
時効成立のために決められた様々な条件が揃わない場合には時効は成立しません。なので単に時効完成までの5年間という時間を経過したからといって、時効成立というわけにはいかないのです。
そこで時効が完成する為の条件としては、お金を借りた人が一定期間返済していない事、借りた本人が借金をしていると認めない事、お金を貸した側が返済請求を一定期間に渡りしなかった事。これらの条件が必要となります。
そのため時効を完成させるためにはこれら全ての条件が揃わなくてはならず、当然途中で一度でも返済したり、借金をした事を認めてしまうと時効は中断され最初から時効期間を数え直す事になります。そうならない為にも早めに債務整理しましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク