ハイパーインフレート法

チューメセント法をさらに進化させたのがハイパーインフレート法です。
  吸引前に局所麻酔薬を薄めた生理食塩水を皮下脂肪層に注入し、脂肪細胞をふやかし、沈痛作用を効かせながら脂肪細胞を吸引していく方法です。
  チューメセント(Tumescent)とは『ふくれた』という意味です。
  この方法によってカニューレの操作が容易になり、出血を抑えながらの大量脂肪吸引と、吸引後の凸凹も抑えられる脂肪吸引法です。
  

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク