チューメセント法

痛みをしずめる効果や脂肪細胞をふやかす効果を持つ溶液を吸引前に注入する方法で、最も一般的な方法のようです。
溶液は、エピネフリン(出血を止める作用、麻酔効果増強)やリドカイン(局所麻酔剤)を大量の生理食塩水で希釈したものであり、これにより痛みを鎮める効果と出血を抑える効果を実現しました。
注入量は脂肪吸引予定量の1~3倍が目安であり、注入後は皮下脂肪が固くふくれます。
現在では、チューメセント法をベースとして浅層脂肪吸引法や超音波脂肪吸引法が利用されるようになりました。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク