体内式超音波脂肪吸引法

皮膚を切開し細長い棒状の装置を挿入して、脂肪内部に直接超音波をあてます。
超音波によって脂肪細胞が破裂し、脂肪がドロドロの状態になるので、これをカニューレで吸い出す方法です。
デメリット
超音波の出力が強すぎて、皮膚が内部からやけどをする恐れがあります。
術後に炎症が長引いたりすることがあります。
上記などの理由で、現在はあまり使用されなくなりました

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク