硬膜外麻酔

無痛分娩などにも用いられる麻酔法です。
硬膜は脊髄を取り囲んでいる一番外側の膜です。その硬膜と黄色靭帯の数ミリの間隙(すきま)を硬膜外腔と言います。硬膜外腔という場所に、背中からカテーテル(細い管)を入れて、このカテーテルから持続的に麻酔薬を入れます。
手術後少し休んで、特に身体に異常が無いことを確認できたらそのまま帰宅できる安全性の高い方法だそうです。よく各クリニックのHPに見かける「無痛麻酔」と言われているのが実はこの方法のようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク