メソセラピー(脂肪融解注射)

(Mesotherapie:仏/Mesotherapy:米)発音は、メソセラピー、メゾセラピー、メソテラピー、メゾテラピーなどあるようです。
1952年にフランスの医師、Dr. Michel Pistorにより開発され1987年にはフランス医療学会がメソセラピーを伝統的医学に付随する治療法とみなし、大学医学部に導入現在ではメソセラピーは学位として授与されているそうです。
メソ(メゾ:仏)とはメゾダームすなわち中胚葉(ちゅうはいよう=受精卵から発生が進み、のう胚になるとき、概要胚、内胚葉の間にはさまっている細胞群)をあらわし、セラピー(テラピー:仏)は療法という意味の語源です。
メソセラピーは、薬剤を脂肪層のセルライトに直接注入して脂肪を溶かしだす痩身方法です。
フランスでは15,000人以上もの医者が各種治療に活用しているほか、よドイツやスペイン、ベルギー、コロンビア、アルゼンチンなどヨーロッパ各国で導入されている歴史ある治療方法のようで、近年日本の多くの美容整形クリニックでも提供されています。
脂肪を溶解するメインの薬剤の成分は「リポスタビル」(ホスファルチジル・コリン)です。
リポスタビルは身近な食料である大豆に含まれている「レシチン」というアミノ酸の一種。レシチンは大豆の成分なので、医学的にも安全な薬剤と言えるのではないでしょうか
大豆に含まれているレシチンは脂肪を溶かすのに有用な成分みたいですね。普段大豆の入った食事を多くとるように心がけると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク