メソセラピーの仕組

レシチンは脂肪を乳化させて溶かす作用があるので、これを直接脂肪に注射してその部分の脂肪が溶け、血中から腸管を経て外に出すというものです。
一度溶けてしまった脂肪細胞は再生しないので、すぐにリバウンドという心配もないようです。
脂肪を溶かすだけではなく新陳代謝を促して細胞の活性化を助け、中性脂肪をたまりにくくする作用もあるようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク