メソセラピー 手術方法

治療部位に極細の注射器で、薬液を少量ずつダイレクトに注入います。
メソセラピーで部分痩せする原理
体内の脂肪細胞に余ったエネルギーが溜まっていきます。使われることがなければどんどんたまっていきます。
細胞にはレセプターと呼ばれるアンテナのような物があり、脂肪を取り込むようにするのが「α-レセプター」と呼ばれるもので、脂肪を放出するのが「β-レセプター」です。
メソセラピーの注射を脂肪が気になる部分に注入すると「α-レセプター」の活動をさまたげ、「β-レセプター」の活動を活発にします、すると脂肪細胞は脂肪を取り込みにくく、また脂肪を放出しやすくなり、部分痩せが可能になるわけです。
施術時間
 手の平サイズ1カ所で約5分ほどです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク