カーボメッドとメソセラピーの違い

カーボメッドは炭酸ガスを注入し脂肪を燃焼、メソセラピーは大豆レシチン成分の薬剤の注入し脂肪を細胞を破壊して体内より排出するというのが違いになります。
効果は、メソセラピーの方が高いといわれています。
範囲はメソセラピーのほうが狭いです(最大で両手のひらくらい)
治療回数はカーボメットの方が回数が少ないです。
ダウンタイムはカーボメッドの方が短いです(カーボメッド→メソセラピー→脂肪吸引)
カーボメッドのほうが一般的に料金が安い。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク