イメージシミュレーションシステム

脂肪吸引を受ける方とドクターがイメージする脂肪吸引後の姿は必ずしも一致するものではありません。
脂肪吸引の手術を受ける方は、手術後の自分の姿をどのようにイメージしているのでしょうか?そしてそのイメージをちゃんと担当ドクターに伝わっているでしょうか?
クリニックによって異なりますが、イメージシュミレーションを行っているようです。
どんなに言葉を使っても自分の頭の中に描いてる姿を見せてことはできませんよね。
それと同時にドクターがどのような姿を描きその姿に近づけるべく脂肪吸引をおこなうかもまたクライアント側には伝えきれません。
その受け手とドクター側のズレを近づけるためにおこなうものがこのイメージシュミレーションです。
デジタルカメラで現在の姿を写し、コンピュータに取り込んで、ソフトと使い吸引後のイメージをデジタル処理していきます。そのイメージ画像を見ながら、他の部分も脂肪吸引をしたほうが良いかお互いに確認できるということです。
シュミレーションは予想される結果を脂肪吸引前に確認することができ、受け手とドクターが同じイメージを共有することができます。
シュミレーションはあくまで予想ですから。執刀するドクターの知識と経験、高い技術により、イメージ画像に近づくことができます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク