肥満とは

肥満とはどのような人をいうのでしょうか?
同じくらいの身長で筋肉質のAさんの方がBさんよりも体重が重かったとしても
Aさんの身体は筋肉が多く体脂肪が少なく、Bさんの身体は体脂肪が過剰に蓄積されていたら肥満はBさんの方なのです。
生命活動を維持するためには、ある程度の脂肪は必要です。
必要という言葉に甘えていると、摂取しているエネルギーが消費しているエネルギーをこえてしまいどんどん どんどん 着実に体重は増え続けていってしまいます。
皮下脂肪は、生後1歳までの乳児期のうちに、顔やお腹、太腿など、その部分に存在する『脂肪細胞』の数は決まってしまうと言われています。
最近では、その後も、少量ですが脂肪細胞が増える可能性があるという研究報告もあるようです。
脂肪細胞の数はやせている人も太っている人の同じなのに・・・・・
消費されなかったエネルギーは脂肪細胞に取り込まれて、脂肪細胞が大きくなってしまうのです。
やせている人と太っている人は脂肪の数ではなく脂肪の大きさが違っていたのですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク