原因による分類

肥満は大きく「症候性肥満」と「単純性肥満」に分けることができます。
症候性肥満
生活習慣に関わらず、ホルモンの分泌異常や脳の疾患からくる摂食異常、薬の副作用などから起こります。病気や治療が原因となっている肥満です
単純性肥満
 肥満の95%がこのタイプとされています。
単純に運動不足や食べすぎなど生活習慣が原因となって摂取エネルギーを必要以上にとりすぎていることでなる肥満です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク