脂肪の分布による分類

内臓脂肪型肥満
 肥満の中で生活習慣病との関わりが強く指摘されているのが内蔵脂肪型肥満です。
内臓脂肪とは腹筋の内側に付いた脂肪です。
血管に入り込みやすく、生活習慣病を引き起こす1つにあげられています。ホルモンの関係で、女性よりも男性に蓄積しやすい、加齢と共にさらに蓄積しやすくなるという特徴があります。
上半身肥満やその肥満の体型からりんご型肥満ともいわれています。
主にお腹に脂肪が集中して蓄積する肥満のタイプです。
皮下脂肪型肥満
皮膚のすぐ下に存在する脂肪を皮下脂肪といいます。
皮下脂肪は皮膚のすぐ下にあり、外部との熱を遮る効果が高く、体温を逃がしにくくしています。冷え性の方は皮下脂肪がつきやすいのはこのためでもありますね
皮下脂肪は内臓脂肪に比べ、貯まりづらく、燃焼しにくくなっています。
皮下脂肪が燃焼しにくいのは、緊急時に備え、エネルギー源として備蓄している為です。
女性は特に、授乳期など母乳のエネルギー源にする為、子宮を冷やさないようにするために、男性よりも皮下脂肪を蓄えておく必要がありますので、男性に比べ女性の方が皮下脂肪が多いといわれています。
下半身肥満やその肥満の体型から洋ナシ肥満ともいわれています。
下半身、特にお尻や太腿周辺に脂肪が多く付いているタイプです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク