脂肪とは

食物三大栄養素のひとつで人間が生きていく為には必要不可欠なエネルギー源です。
 脂肪にはお肉などに含まれる動物性脂肪と、豆類などに含まれる植物性脂肪があります。
中性脂肪とは
 私達人間がいろいろな活動をするときのエネルギーの源、三大栄養素、炭水化物、たんぱく質、脂肪を必要以上取りすぎると脂肪として体内に蓄積されていくこの脂肪のことを中性脂肪といいます。
体脂肪の役割
エネルギーを貯蔵し飢餓状態でいきぬく。
体温の保持。
女性では、ホルモンの産出に関与。
人の形の丸み、やさしさを出す。
内臓を正常な位置に保つ。
体脂肪率と病気
体脂肪率が高くなると- 高血圧、糖尿病、高脂血症などをおこしやすい。
体脂肪率が低くなると- 暑さ寒さに弱くなる。抵抗力が衰える。内臓の下垂がおこりやすい。女性では月経不順、無排卵、無月経などをおこしやすい。
働き
脂肪(脂質)とは、炭水化物(糖質)、タンパク質と同じ、三大栄養素の一つとして、人間が生きて行く必要不可欠なエネルギー源になっていますね。  
体のエネルギー源が不足すると、エネルギー源となり、エネルギーを貯蔵をします。また体温を維持したり、臓器を保護するとても大切な働きもしています。
脂肪は、炭水化物やタンパク質に比べ、約2倍のエネルギーで筋肉などの重要なタンパク質がエネルギーとして失われるのを防ぎ、なんらかの事情で食事が摂れないような危険な状態の時には、生命維持のための主なエネルギー源としての役割を果たています。
つまり、脂肪は嫌われ者、悪者どころではなく、生命に欠かせない栄養素であることを理解しておきましょう。問題なのは、カロリーの過剰摂取によることです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク