脂肪吸引のトラブルの対処法

脂肪吸引後、もっとも起こりうるトラブルは仕上がりに対する不満のようです。
高い料金、肉体的・精神的苦痛とひきかえに理想のボディを手に入れるわけですから、想像していたものと違っていたらがっかりしますよね。
脂肪吸引後の仕上がりに不具合がある場合は
脂肪を正確に吸引できなった
技術が未熟だった
とってはいけない部分の皮膚や、皮下組織を取りすぎてしまった
などによるもので、その結果、患部が硬くなってしまうトラブルもあるようです。
そのような事がおこってしまったら、クリニックの担当ドクターに不満点を伝え、話し合いの場を持ってもらいましょう。カウンセリングの時にはメモを残し、そのメモをみせながら、担当ドクターと納得行くまで話し合うことが望ましいと思います。
このようなトラブルを未然に防ぐためにも、クリニックまかせにせずに、手術前に「どの部分の脂肪を何リットル取るのか」といったような具体的な量を把握して、術後、吸引した脂肪を見せてもらい、変化を自分の目で確かめることも大切です。
どうしても納得のいかない場合、再手術も可能のようですが、前回の施術から半年~1年ほど期間をおく必要があるようです。
クリニックや担当ドクターが話し合いに応じてくれないときは
美容外科に関するトラブルについて相談できる機関をご紹介します。
国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/
日本医療情報サービスセンター
http://www.iryo-joho.com/
日本美容外科医師会
http://www.biyoishikai.org/
日本美容医学会
http://www.beauty-adviser.com/soudan.html
日本美容医療協会
http://www.jaam.or.jp/
日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク