脂肪吸引とリバウンド

脂肪は脂肪細胞に貯蔵されてその脂肪細胞の数に個人差はなく痩せている方も太っている方もほぼ同じで変わりません。
 通常、痩せたり太ったりはこの脂肪細胞の大きさが貯蓄することによりふくれてきて太る、逆にエネルギーを使えば小さくなって痩せるということになります。
ダイエットは脂肪細胞の数は同じで脂肪細胞の大きさが小さくなるだけなので、また必要以上の栄養をとれば脂肪にかわり脂肪細胞にたまっていきます。
またダイエットでは食事制限していることにより、栄養が少なくなっているので体は以前より脂肪などの栄養分をたくさん吸収しようといわゆる飢餓状態になっています。ですから、ダイエットをやめて以前と同じぐらいの食事を取るとすると、以前より脂肪を体内に取り込む吸収率がよくなっているため、同じカロリーを取ってもダイエット以前より脂肪分を吸収してしまい簡単に元に戻ってしまう可能性が高いのです。この結果ダイエット前よりもより太ってしまうリバウンドが起こってしまうのです。
体のメカニズムがダイエットをしたことで今度はいつ十分な栄養を取り込めるのかわからないと判断して飢えから体を守る働きに拍車がかかってしまうのでしょうね
しかし、脂肪吸引は脂肪を脂肪細胞ごと吸い出してしまうために脂肪細胞の数が以前の1/3ぐらいに減らせることができます。
脂肪は細胞ごと吸引するので、細胞の数自体が激減し、当然リバウンドは起こりません。
しかも脂肪細胞は食事制限をしていないため、食べ物がなく飢えている状態にはなく、脂肪の吸収率も以前変わらないため、いままで通りの食生活でも問題ありません。
以上のような理由から脂肪吸引したところは太りにくく、元に戻りにくいといわれています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク