美容整形医の医師の資質の問題

美容整形医に本当に美容整形外科の仕事が好きであると同時に患者(女性)の幸せを願う思いがあるかが重要です。
美容整形の手術は実のところ手技的には簡単なものばかりで、膨大な医学論文を読破するような高度な勉強は必要とされず、メンタルの上で、患者のことを思って仕事を続けている医師のみが良い腕を保っているのが現状のようです。
しかし、美容整形医の半分以上は、 ダメ医者と何も分からないまま形成外科に入った医師が、成り行きで美容整形医となっているパターンが多いのです。
外科でも内科医でも務まらず美容整形医になる
成形外科では就職がなく美容整形医になる
この2つのパターンで美容整形医になった人が美容整形医の半分以上を占めます。
 これら医師は内心は美容整形とその患者に大切なものを見出せません。
 ですから何年経っても本当に良い仕事は出来ません。
きっと患者の事よりも何よりも利益を追求してしまう方が多いのではないでしょうか。
近年、美容整形でのトラブルが後を絶たないのはこういった美容整形医の医師としての意識レベルに問題があるように思えます。
 本物の医師を見つけるには、 この仕事や患者が好きで長年精進してきた医師を探し出す必要があるようです。そしてそのようなドクターを見つけることが脂肪吸引手術を成功へ導くカギなのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク