脂肪吸引とむくみ

脂肪吸引の手術後の痛みと内出血、そしてむくみは、どうしてもつきまとうようです。
特に女性の方は冷え性で基礎代謝が低い方が多くいらっしゃるのでむくみになやまさる事が多いかもしれませんね。
脂肪吸引後、何故むくみのでしょうか?
カニューレで脂肪吸引する際に細胞を壊してしまうために、細胞内液(血液)・間質液(リンパ液)などが漏れ出します。脂肪吸引手術によって栄養素を細胞に運び老廃物を排除するというルートが分断されてしまうと、通常では血管と細胞の間で行われる水分の交換も順調に行われなくなりむくみが生じます。
むくみを軽減させるには?
むくんでいる足や手を心臓より高くする。
心臓にむかってのマッサージをする
専用のストッキングやソックスをはく
お風呂に入っても問題がなくなれば足浴、手浴を有用です。
手術直後の数日間がすぎたら、食い込んでしびれや痛みを感じるような圧迫は正しくありません。
圧迫ストッキングについて
着用していて痛みやしびれがあったり、動きにさしさわりがあるものはよくないでしょう。ですが、簡単に装着できるようなものでは圧迫力が足りません。着用に時間がかかり、手間取るくらいのものを。理想的には2枚用意し、圧迫力が低下する半年くらいで使い切るのがよいようです。
就寝時
腕はクッションなどを使い肘が脇より低くならないようにして軽く内側へ曲げるとよいでしょう。
足は無理に高くしてしまうとそけい部に液がたまってしまいますので、ゆるやかな傾斜(10センチほど)を保つようにします。お尻の下は座布団を2枚くらい重ねて、沈み込まないようにします。入浴後の血行が促進している時にマッサージし、体が温まっている間に就寝することをおすすめします。
仕事などでどうしても立っていなければならないとき
足・医療用ストッキングを着用した上で、軽く足をうごかすようにしまう。
足首などを絞めつけるブーツなどは履かない方がよいでしょう
腕・手を下げ続ける場合は常に軽くリ腕を動かすように心がけましょう
重い荷物は持たないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク