脂肪吸引後 自宅できるマッサージ

脂肪吸引後のマッサージについての認識はクリニックによってさまざまで、仕上がりはマッサージにかかっていますということもあれば、マッサージなんてやってもやらなくても同じというところもあります。
脂肪吸引手術後のマッサージについては、クリニックによって指導がさまざまですので、基本的にはご自身が手術なさったクリニックの指示にしたがってくださいね。
脂肪吸引直後の筋肉は傷ついているので、ちょっと触っても飛び上がるほど痛い肩もいらっしゃることと思います。ですので、マッサージはそっとなでられるくらいまで回復してから始めましょう。
最初は、体の中央に向かって皮膚の表面をなでる程度でいいのです。傷が早くなくなるように大事に大事に手をすべられていってください。マイナスな気持ちで触っているより、きれになるという気持ちで触ってあげたほうが回復もきっと早いですよ。
マッサージするときは何も使わないでなでるようにするだけでも良いですが、皮膚がすれてしまうこともあります。そんな時はオイルマッサージも有用ではないでしょうか。その時にアロマオイルを加えると気持ちのリフレッシュもできると思われます。
手が届かない背中の部分はジャグジーが有効ですが、長い時間当てていますともみ返しがおこる可能性がありますので、冷水浴と組み合わせて5分くらいのワンセットにして様子を見たほうがよいようです。
患部が熱をもっているうちは湿布も有用なようですが、長時間貼っているとかぶれることがありますのでご注意下さい。
<冷えやむくみに有用なツボ>
マッサージをするときは食後すぐやお酒を飲んでいる時は避けてください。お風呂あがりなど体が温まっている時の方が有用です。
ツボを刺激するときには指を使ったり、ペンの先(キャップがしまっているもの)を使ったり、足の裏はゴルフボールを転がしたりするのが有用です。
太谿(たいけい)くるぶしの内側とアキレス腱の間
中封(ちゅうほう)内側のくるぶしの山から前方に約2cmくらいの位置
曲泉(きょくせん)ひざを曲げたときに足の内側にできるシワの部分
湧泉(ゆうせん)
足心(そくしん)足の真ん中
「何もしないで不安になるより、考えられる全部のことをしよう」です。
いろいろなことを試して、その中にひとつでも「これは気持ちいい!」ということが見つかったとしたら、それは何物にも変えがたい喜びとなります。
どんな姿勢で、何分ずつ行えばよいのかなど、あまり神経質にならず、ご自身が気持ちよいと思われる範囲でやってみませんか?
最重要なことは、リラックスです。 
楽しいことを積極的に探し、よく笑い、ストレスをためないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク