病気による多汗症

多汗症の原因とはなんなのでしょう?
それは二つに分けられます。
一つは、多汗症の裏に大きな病気が隠れている場合です。
甲状腺機能異常や糖尿病によるものの他、さまざまな内分泌、代謝疾患、脳、脊髄の腫瘍や炎症が原因によるもの、
自律神経などに影響する病気の場合、汗をかきやすくなり、
多汗症のような症状を引き起こします。
この場合の特徴として、全身の発汗が見られます。
このことから、病気の影響で多汗症の症状が出ている場合を、全身性多汗症とも呼びます。
また、内服している薬の副作用で、多汗症の症状が現われることもあります。
急に、全身に汗をかくようになったり、汗をかくこと以外に体調の変化などで、
違和感があるときは、早めに病院へ行き医師の診察を受けましょう。
もしかしたら、多汗症の裏に大きな病気が隠されているかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク