更年期障害と多汗症

更年期障害によっても、多汗症の特徴があらわれることがあります。
よく更年期障害の女性の話で、びっくりするくらい汗をかくというのを聞いたことがあります。
男女ともに、更年期障害の特徴は、ホルモンの減少が原因です。
40代後半くらいから、女性は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減り、
男性は、テストステロンという男性ホルモンの分泌が減ってきます。
そのために、疲労感、不眠症など、いろいろな体調不良をひきおこします。
とくに、女性は、更年期障害のために、卵巣機能が衰えてくると、
エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ってくるため、発汗を抑制できにくくなります。
全身に汗をかく場合や、上半身だけ、下半身だけとても発汗するといった場合もあるようです。
汗をかきやすくなったり、顔がほてったり、更年期障害の症状があらわれ、
多汗症の症状が見られるのが特徴です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク