甲状腺機能亢進症と多汗症

多汗症の症状の中には、病気から起こるものがあります。
その中の一つに、甲状腺機能亢進症と呼ばれる病気があります。
甲状腺機能亢進症とは、バセドウ病とも呼ばれます。
バセドウ病は、男性では1割、、女性なら4割と、女性の方に多くみられ、その症状は特に20~30代の人に多いといいます。
甲状腺機能亢進症の症状としては、動悸、不眠、疲労感など、体全身に様々な症状を発症します。
甲状腺機能亢進症の病気にかかると、甲状腺ホルモンが増加して、全身に発汗がおこります。
そのために、多汗症として特徴的な症状があらわれるのです。
甲状腺機能亢進症が原因で起こる多汗症の症状があらわれた時には、病院で検査を受けることが大切です。
体全体の不眠、動悸や疲労感に伴う多汗症症状が起こったときにはこの病気を疑って病院で検査してもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク