自律神経失調症と多汗症

自律神経失調症からくる多汗症の症状もあるようです。
人間の体が健康を保てるのも、交感神経と副交感神経の働きがバランスよく
働いていることによります。
しかし、何かが原因で、交感神経と副交感神経の働きにバランスが保てなくなり、
正常でなくなると、過剰な緊張状態が続いたり、倦怠感でやる気が出なくなったりしまいます。
このような症状が続くのは自律神経失調症の人に特徴的な症状です。
多汗症の特徴は、緊張したときに発汗を促す交感神経が敏感になるために、
汗を多くことですから自律神経が正常に働かないと、
普通に交感神経が活動しただけで、多量の汗をかいてしまいまうのです。
このような経験をお持ちの方がいれば、自律神経失調症による多汗症の特徴の症状を
ひき起こしていることを疑ったほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク