運動

多汗症の対策のひとつとして挙げられるものに、運動があります。
適度な運動で体を動かすことは、肥満を予防することにもつながり、多汗症の対策になります。
人の体には、乳酸という疲労物質があります。
疲労物質というのは、運動をしたときに、筋肉中に作り出される物質のことです。
疲労物質の中で、特に多いのが乳酸です。
運動不足になると、この乳酸という疲労物質が溜まってきます。
乳酸が汗の臭いを悪くさせる原因になって、多汗症やわきがの症状をひきおこします。
疲労物質を溜めないようにするためには、適度な運動が必要です。
中でも、ジョギングや、ウォーキング、水泳などの有酸素運動が適しています。
適度な運動を心がけることが、多汗症の対策につながります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク