肥満にならない

太らないようにすることも多汗症の対策として有効だといいます。
一般的には、肥満の人は汗をかきやすいといいます。
また、内蔵脂肪の増加は汗をかく量を増やしてしまうようです。
人の身体は汗をかくことで、体温調節する仕組みになっています。
しかし、肥満気味になると皮下脂肪が厚くなるため、その厚い皮下脂肪が体内の熱を対外に出す作用を妨げてしまうのです。
体温が上昇すると、その上昇した体温を下げるために、多くの汗を発汗させようとして、汗をかきやすくなってしまい、
そのことが多汗症の原因となるようです。
また、内臓脂肪が多い人は、中性脂肪の活性度が高いため、血液中の脂肪酸の濃度が濃くなりやすく、
血管の動脈硬化を起こし、血流の悪化を招きます。
このような血流の悪化が体の外へ熱を出すことを妨げ、多汗症の原因となるのです。
ですから肥満に気をつけることも、多汗症の対策そして、多汗症を招かないような予防にもつながると考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク