紙製の靴の中敷

足の裏の多汗症対策には紙製の靴の中敷が役立ちます。
足の多汗症は靴を履いているため、発汗により蒸れやすく、ニオイが発しやすい場所です。
紙製の靴の中敷は、抗菌剤、脱臭剤が配合されているものがあるので足の臭いの元になる、
腐敗菌繁殖をおさえてくれるます。
また、臭いの原因の硫化水素などガスを吸収する効果もあるといいます。
紙製の中敷だと吸湿性がよいため、足の汗をよく吸収し、
また表面を波型などに加工して、通気性をよくし、靴の中や足のムレを防ぐ効果が期待できます。
紙製の中敷は、暑さは約1ミリほどなので靴の中に入れても違和感はほとんどありません。
また、紙製の中敷の場合、使い捨てのものがほとんどで、金額も手ごろなので、
使用しやすいといえます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク