大豆で多汗症対策

食品のなかでも、豆類を食べると多汗症によいとされています。
豆類はイソフラボンを含んでおり、その中には発汗を抑制し、汗をサラサラにする効果が期待できる、
女性ホルモンの成分を含んでいます。
豆腐、大豆、納豆などの豆類は、昔から体に良い食べ物と言われてきました。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする天然成分で、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種です。
現在確認されているイソフラボンは、ダイゼイン、ゲニステインを代表とする15種類の大豆イソフラボンで、
大豆のほかに葛の根やクローバーなどにも含まれています。
また、イソフラボンは、多汗症対策の他に更年期障害・骨粗鬆症・がん・美容などにも効果が期待できます。
納豆や、豆腐、大豆など豆類の献立を毎日食卓に取り入れましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク