カフェインを控える

カフェインは交感神経を刺激し、発汗を促す成分です。
コーヒーや紅茶にもカフェインが含まれているので、飲用することで交感神経が
刺激され発汗が起こります。
多汗症対策をとるためには、コーヒー、紅茶も控えるよう注意したほうがよさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク