制汗

多汗症の対策として基本的なことは、制汗を心がけるということです。
多汗症の人は、普通の人より、汗をかきやすい体質です。
汗をかいたときは、すぐにタオルなどでふいて清潔にしておくことが、多汗症の対策になります。
汗をかいたままにして放置してしまうと、かいた汗に雑菌や皮脂などが混じり、臭いの元を作ってしまう原因になってしまいます。
常にタオルなどを携帯しておいて、汗が出たらすぐにふきとり、制汗を心がけましょう。
薬局などで市販されている、汗拭きシートなどは、携帯しやすく、便利なものです。
多汗症の対策は、汗をかいたらすぐにふきとり、清潔に保つことです。
当たり前のことですが、制汗という基本的なことを常に実行することが、多汗症の対策につながります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク