日常生活における多汗症

多汗症は、病気ですが、痛みがあるわけでもなく、病気とはいえない病気。本人の気持ち次第といった部分の多い病気です。
しかし、多汗症の程度によっては日常生活に苦痛を与えるものとなり、当事者にとっては楽観できない問題でもあります。
たとえば、多汗症によって大量にかいた汗がにおうようであれば、人前に出ること事態が苦痛に感じたり、
人と、握手をするときにも手のひらにじっとり汗をかいていれば、多汗症本人も握手される側も不快に感じます。
適切な多汗症対策をおこなって、日常生活を多汗症を気にしなくてもよい快適な生活に変えて生きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク