全身性多汗症の特徴

多汗症の症状に種類の中には全身多汗症という症状があります。
全身性多汗症の特徴は、胸部、腹部、背中、おしり、大腿部と身体の全身にわたって、
大量の汗をかくこと、つまり多汗症の症状が出る部分が全身に広がっていることです。
全身性多汗症には、特に原因というものはありません。
汗が出ること自体は生命の危機はありませんが、
その後ろには、代謝異常や、ホルモンバランスの乱れを引き起こす病気など、大きな病気のシグナルとして
危険を発している場合があります。
また、肥満の人、妊婦中の人、重労働をする人などにも、多汗症の症状が現われるという特徴もあります。
汗が出ること以外に身体に心配なことがある場合は、早めに医師に診てもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク