局所性多汗症の特徴

多汗症の症状に中に、局所性多汗症という種類の症状があります。
多汗症の中でも、ほとんどが局所性多汗症といわれるほど、一番多い症状です。
文字通り、身体の局所から発汗するのが特徴です。
多い例としては、手のひら、足の裏、わきの下、顔、頭部などがあります。
局所性多汗症の原因として考えられることは、ストレスによってなど、
自律神経のバランスが乱れて、交感神経の反応が強くなることがあげられます。
局所からの発汗は、ほとんどが同時におこります。
手のひら、足の裏、わきの下から同時に発汗したり、手のひら、足の裏、わきの下、顔、頭からも
同時に発汗する、というパターンが、局所性多汗症の症状の特徴です。
手のひら、足の裏、わきの下などを局部ごとに分けて
手掌(しゅしょう)多汗症、足蹠(そくせき)多汗症、腋窩(えきか)多汗症と呼ぶ場合もあるようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク